本格ナシゴレンのレシピ

ナシゴレンを本格的に作るには、まずサンバルというチリソースを作らなければならないので、作り方はコチラのページを参考にしてください。
もちろんカルディとかで売られている市販のサンバルを使ってOKです。

ナシゴレンの甘味

バリ島のナシゴレン
バリ島で食べたナシゴレン

ナシゴレンはインドネシアにもマレーシアにもある焼き飯の事なんだけど、日本ではどちらかと言うとインドネシアのイメージが強い気がします。
私はインドネシアではバリ島でしか食べた事がないんだけど、マレーシアのナシゴレンに比べるとかなり甘い味付けでした。
(マレーシアのナシゴレンは、甘味が少なくて辛い味付けの店が多かったので、個人的にはマレーシアのナシゴレンの方が好きです。でも、今回はインドネシア風で。)

その甘味の正体はケチャップマニスというインドネシアのソースでした。

ケチャップと言っても、日本で一般的な赤いトマトケチャップとは全くの別物で、お好み焼きソースに近い調味料です。
原材料は「椰子糖、食塩、大豆、小麦」なので、パームシュガーが入ったとろみのある醤油って感じかな。
ケチャップマニスを用意出来ない場合は、醤油にパームシュガーで代用できる気がします。もしくはお好み焼きソースで。

ケチャップマニス

なお、上の画像は詰め替え用のケチャップマニスです。
Tirakitaの通販で買ったんだけど、このBANGOっていうメーカーのボトルが売り切れで仕方なく詰め替え用パックを買ったのです。
ABCっていう他のメーカーのならボトルもあったんだけど、以前に回収騒ぎ(入れてはいけない成分が入っていたらしい)があったみたいなので、BANGOにしました。
変な所を気にする私です。
で、詰め替えパックを日本の醤油ボトルの空容器に詰め替えて使う事にしたのですが...思ったより多いので使い切れるか心配。

sponsored link

ナシゴレンの材料


1人分 ナシゴレンの材料300円 10分

  • ごはん 1膳
  • サンバルチリソース 大さじ1
  • 鶏肉 50g
  • 海老(小) 10匹くらい
  • 卵 1個
  • ケチャプマニス 大さじ1/2

サンバルチリソースを、作るのが面倒だったら市販の物でもOK。

トッピング

  • えびせん 適量
  • きゅうり 適量
  • その他、トマトやライム等 適量

※トッピングはお好みで

ナシゴレンの作り方

目玉焼き
【1】目玉焼きを焼く
最初に目玉焼きを作って、別皿に置いておきます。

鶏肉を炒める
【2】鶏肉を炒める
フライパンに油をひいて、鶏肉を炒めます。
鶏肉に火が通ったらサンバルチリソース(大さじ1)を加えて肉に絡めながら炒めます。

海老を炒める
【3】海老を炒める
海老を炒めます。
火が通ったらケチャップマニス(大さじ1/2)を入れて、混ぜながら炒めます。
※入れ過ぎると甘〜くなるので注意。

ごはんを炒める
【4】ごはんを入れる
ごはんを入れて、具材や調味料と良く混ぜながら炒めます。
冷えたごはんを使う場合は、あらかじめ手でほぐしておくと良いです。

塩こしょう
【5】味を整える
最後に塩こしょうで味を整えます。

お皿に盛りつけたら、最初に焼いて置いた目玉焼きを乗せて、きゅうり等を添えれば完成です。

バリ風ナシゴレンレシピ

ああ、そうそう、この甘味・・・バリで食べたのもこんな味だった!という味に仕上がりました^^

ナシゴレンレシピ

甘いのはあんまり好きじゃないけど、自分で作ると「この甘いみ...旨いな」ってなるから不思議です。
ケチャップマニスが甘いんだけど、サンバルチリソースの辛味も効いているのでなかなかいいですよ。

次はマレーシア風のナシゴレンを作ってみようかな。