魚アドボのレシピ

魚のアドボを作ってみようと思います。しかし、魚って何の魚を使えばいいんだろうか...?

アドボに使う魚の種類は?

フィリピンでは通常Bangusと呼ばれる魚を使うことが多いそうです。
Bangusは英語でミルクフィッシュ、日本語だとサバヒーと言います。


ミルク?サバ?

聞いた事ない魚だな〜と思ったら、日本では食べない種類の魚みたいです。
しかし、台湾やフィリピン、インドネシアではよく食べられているそうです。
特にフィリピンでは、魚と言えばサバヒーみたいです。

サバヒーと言っても、サバとは関係ありません。
また、ミルクの味がするわけでもなく、身が白いからミルクフィッシュらしいです。

さて、こんなにサバヒーのことを書きましたが、今回はサバヒーは使いません。
使いませんていうか、日本じゃ手に入りません。(アメ横センタービルの地下とか行けば手に入るかもしれないけど)

どんな魚がアドボに合うのかはよく分からないので、何種類かの魚で試してみる事にします。
ちなみに、鮭やイワシを使ったアドボは存在するようです。

魚アドボ基本のレシピ

魚アドボの材料

魚アドボの材料
※魚の重さ200g基準

  • 玉ねぎ(中) 1/4個
  • にんにく 2片
  • ローリエ 2〜3枚
  • お酢 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • 砂糖 小さじ1
  • こしょう 適量
  • 水 大さじ2

基本の材料や作り方は、全て同じようにします。
アドボの詳しいレシピは、チキンアドボのレシピを見ください。

玉ねぎとニンニクはみじん切りにして、その他の調味料と合わせます。
このタレで魚を煮込むだけです。

sponsored link

シャケのアドボ

鮭の切り身

鮭 150g

まずは、1番失敗の無さそうな鮭のアドボから作ってみます。

鮭は焼いても煮ても美味しく仕上がるので、きっとアドボにしても美味しいはず!
アドボのタレに入れて、弱火で15分程度煮込みました。

鮭のアドボ

あれ?
思ったよりも美味しくなかったです...
不味いわけではないんだけど、あんまり合わないです。

サーモンアドボ

タレの味に鮭が負けている感じです。おかしいなあ〜
鮭がこんな感じだと、他の魚も難しいんじゃないかと思えてきました。

サバのアドボ

サバの切り身

サバ 400g

サバヒーの響きに釣られて買ってしまったサバです。
ちょっと臭みがある魚だけど、サバの味噌煮込みとかもあるのできっとアドボもいけるでしょう!

魚の臭いを抑えるために、少しショウガを追加して煮込みました。

サバのアドボ

サバは、まあまあです。
予想通りの味と言うか、可もなく不可もなく...な感じです。

サバアドボのレシピ

正直、サバはアドボにするよりも、サバの味噌煮の方が好きですね。
でもまあ、悪くはない感じです。

サヨリのアドボ

サヨリ

サヨリ 200g弱

新鮮なサヨリが売られていたので、ついつい買ってしまいましたが、家に帰って調べてみたらサヨリは骨が多いので、煮物に向いていない魚みたいです。
あら、どうしよう...

ということで、サヨリを一旦揚げてから煮る「揚げ煮」にする事にしました。

サヨリ全体に軽く米粉をまぶしてから、油で揚げます。

このまま食べたい気持ちを抑えて、アドボのタレで軽く煮込みました。

サヨリのアドボ

これは旨いです!
すっごく美味しく仕上がりました。

サヨリのアドボレシピ

おそらくサヨリをアドボにする人なんていないと思いますが、一度揚げてから煮たら非常に美味しくなったんで、おすすめです。
1度揚げれば骨もそんなに気にならないので、丸ごと食べられます。

アジのアドボ

味の切り身

アジ 150g弱

フライ用に売られていたアジが割引になってたやつなんで、ちょっと鮮度が悪いです。

これは、普通にそのまんま調理しました。

アジアドボのレシピ

うん、普通な感じに仕上がりました。

アジのアドボ

あまり癖の無い普通の魚アドボって感じです。
まあ、悪くないですね。

1番美味しかった魚は?

アドボに使う魚なんて、何だって美味しくなるだろうと思ったんだけど、以外と難しかったです。
今回作ってみた中で、1番美味しかったのはサヨリでした。

フィリピン風サヨリの揚げ煮

1番煮物に向いていないサヨリですが、一度油で揚げたおかげか、凄く美味しく仕上がりました。
アドボは、油との相性がいい料理みたいです。

もしかしたら他の魚も、一度油で揚げてから煮たら美味しく仕上がるんじゃないか?と思います。

サヨリを弁当に入れた

サヨリのアドボは、お弁当に入れて冷めてから食べても美味しかったです。
(サヨリアドボ&キムチ&卵焼き&下は海苔弁というワケの分からない多国籍弁当)