シニガンスープのレシピ

シニガンはフィリピンの酸っぱいスープ料理です。
豚肉や海鮮類を使うシニガンもありますが、今回は出汁の出やすい骨付き鶏肉でシニガンスープを作ってみます。

チキンシニガンのレシピ

シニガンの酸味付けには元々タマリンドを使うのが一般的なのですが、今は簡単にシニガンスープの素を使う事が多いようなので、私もシニガンの素を使いました。
※タマリンドを使ったシニガンも作ってみました(記事下)

sponsored link

材料

シニガンの材料

3〜4人分

  • 手羽元 6本(350g)
  • 水 500ml
  • にんにく 2〜3片
  • 唐辛子 1〜2本
  • トマト(中) 1個
  • 玉ねぎ(中) 1/2個
  • シニガンの素 10g
  • ナンプラー 適量
  • こしょう 適量

野菜

  • 空芯菜 適量
  • インゲン 適量
  • 大根 適量

これ以外の野菜でもOKです。お好みで入れて下さい。私は空芯菜が無かったので新芽を入れました。

作り方

野菜を切る
【1】材料を切る
野菜類を適当な大きさに切ります。

鶏肉を炒める
【2】鶏肉を炒める
フライパンに油をひいて、ニンニクと鶏肉を炒めます。

たまねぎを炒める
【3】玉ねぎを炒める
鶏肉に火が通ったら玉ねぎを入れて炒めます。

水を加える
【4】煮込む
水(500ml)と野菜類を入れて、10〜15分くらい煮込みます。
おっと...材料が溢れそうです。鍋小さかった?

※葉もの野菜や火の通りやすい野菜は、まだ入れません。

アクを取る
【5】アクを取る
アクが出て来たら取ります。

シニガンパウダーを入れる
【6】シニガンの素を入れる
葉もの野菜以外の野菜を全て入れて、ナンプラーとシニガンの素を入れて、味を調整します。
5分くらい煮込みます。

空芯菜を入れる
【7】葉もの野菜を入れる
葉もの野菜を入れて、1〜2分煮ます。
どうにか全ての材料が鍋に収まりました。

こしょう
【8】味を整える
最後にこしょうを振ったら完成です。

チキンシニガンのレシピ

若干トロッと仕上がりました。なぜだ??

シニガンのレシピ

酸味が美味しい!
酸っぱいスープってどんな感じだろう?と思ったけど、この酸味はクセになります。

シニガンスープ

でも、白飯に合う!っていう感じでもないですね。
合わないわけじゃないけど、これだけで食べたい感じです。

しかし知らないだけで、フィリピン料理って美味しい物が意外と多いんじゃないの!?

シニガンに入れる野菜

シニガンに入れる野菜に決まりはありませんが、フィリピンでよく使われる野菜は空芯菜・タロイモ・オクラ・インゲンあたりです。

私は空芯菜を入れたかったんだけど、時期じゃなかったので新芽を入れましたが、小松菜やチンゲンサイなどでも良さそうです。

シニガンスープの素

シニガンパウダー

今回使ったシニガンスープの素です。
1袋22gで1リットル分作れるということは...6人分くらいは作れると思います。

【原材料名】タマリンド、トマト、小エビ、玉ねぎ、タロイモ、タマリンドエキス、植物油、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、クエン酸、アスコルビン酸、香料

タマリンドと一緒にタロイモが入っていますね。
だから少しトロミがあるスープに仕上がったのかな?
パッケージに書かれている「Gabi」というのが、タガログ語でタロイモと言う意味みたいです。

【タマリンド使用】チキンシニガンレシピ

シニガンのレシピ

シニガンスープの素を使わずに、タマリンドで酸味をつけたシニガンも作ってみました。
基本的には、上のレシピと同じです。

sponsored link

材料

シニガン材料

3〜4人分

  • 手羽元 5本(300g)
  • 水 500ml
  • にんにく 1片
  • 唐辛子 2本
  • トマト(小) 1個
  • 玉ねぎ(小) 1個
  • タマリンドペースト 大さじ2
  • ナンプラー 大さじ1
  • こしょう 適量

入れた野菜

  • インゲン
  • ほうれん草
  • 大根

作り方

作り方の手順は同じなので中略します。

タマリンドを入れる
タマリンドペースト(大さじ2)とナンプラー(大さじ1)を入れて味付けをしました。
ちょっと味が足りないかな?と思ったけど、煮込んでみたらシニガンの素を使った時と、ほぼ変わりない味に仕上がりました。


最後に葉もの野菜を入れて完成です。

シニガンスープレシピ

嗚呼この癖になる酸味...シニガンの素を使わなくても充分に美味しいスープが出来ました。

タマリンド使用シニガンレシピ

やはり骨付きの鶏肉を使うと美味しい出汁が出るので、どんな料理も失敗しにくいですね。

タマリンドの種類

タマリンドペーストには何種類かタイプがありまして、私が今回使ったのは、そのまま使えるタイプのタマリンドペーストです。

タマリンドペースト
(使い切りタイプ)

これだと、そのまま使いたい時に使えるのでとても便利です。
他に、濃縮されたタイプのタマリンドペーストもあります。

濃縮タマリンド
(スリランカ製)

濃縮タイプなので、プルーンの様に真っ黒な見た目ですが、これも使いたい時にサッと使えるので便利です。
これを水で3倍くらいにすると、普通のペーストくらいの酸っぱさなんじゃないかな?と思うので、いつもタマリンドペースト大さじ1を使う料理は、これで小さじ1くらい入れています。(この使い方で合っているかは分からない)


それと、私は使ったことないんだけど、タマリンドのカタマリをお湯で溶くタイプもありますね。
海外のレシピとか見てると、これを使ってる人が多いからきっとこれが一般的なのでしょう。
でも、使いにくそう...