シンガポール、マレーシアなどで食べられているカヤジャムを作ってみます。
カヤジャムというのは、ココナッツミルクと卵を使ったジャムの事です。

カヤジャムの材料

  • ココナッツミルク 100ml
  • 卵 1個
  • 砂糖(甜菜糖使用) 大さじ2
  • パームシュガー 15g
  • パンダンリーフ 適量

パンダンリーフは生の方が良いんだけど、乾燥リーフしか用意できなかったので乾燥タイプを使いました。
色味と香り付け用なので、無しでもOKです。

sponsored link

カヤジャムの作り方


【1】パンダンリーフを砕く
乾燥タイプのパンダンリーフをミルで砕きます。

香りは・・・ヘナみたいなニオイだな。


【2】材料を混ぜる
まず砂糖と卵を良く混ぜます。
次に、ココナッツミルクを混ぜ合わせておく。


【3】パンダンリーフを混ぜる
最後に砕いたパンダンリーフを混ぜる。


【4】湯煎する
全卵を使う場合は、必ず湯煎で!!直火だとダマになって失敗しやすいです。
湯煎しながら、ひたすら混ぜ続けまて、クリーム状になるまで続けます。
これ、けっこう時間がかかりますが、気長に混ぜ続ければクリーム状になっていきます。

ハンドミキサーを使って混ぜると楽です。

実は、最初は直火(超弱火だったけど)で作ってみて、失敗しました。
これは、二度目です。
湯煎でじっくりやれば全卵でも固まる事無くジャム状になりました♪

卵とココナッツミルクの良い香りです。
あんまりパンダンリーフの香りはしないかな?
色味も中途半端な緑色っぽくなってしまったので、入れる必要は無い気もする・・・

焼いたトーストに、カヤジャムを塗って、その上にバターを乗せて食べます。
ハイカロリーだけど、旨い。ハイカロリーだから旨いのか?

カヤジャムは作るのに手間がかかるので、買っちゃった方が早いかもな。
カルディなどの輸入食品店でも売られてるらしいです。

私はお菓子作り系が苦手なので、このカヤジャム作りもちょっと苦手・・・とにかく面倒くさかった。
多分二度目は無いな。

カヤジャムトースト

上の画像は、シンガポールで食べたカヤジャムトーストです。
シンガポールには、こういうカヤジャムトーストを食べられるチェーン店がいくつかありました。

甘〜いカヤジャムの上に、バターをたっぷりと乗せて、とどめに半熟卵をたっぷりとつけて食べます。
さらに、カヤジャムトーストと一緒に甘いミルクティーを飲んだりします。
カヤジャムトーストは、DBトーストですね。

カヤジャムには「黄色」と「緑色」の2種類あります。
パンダンリーフが入っていると緑色になりますが、そこまで味に差があるとは思えません。(バカ舌)