アルーサブジのレシピ

アルーサブジにハーブのディルを加えて、ソヤサグアルー(soya sag aloo)です。

庭で放置栽培していたディルを持て余していたので、じゃがいものサブジに使ってみることにしました。
ディルはインドでも栽培されていて、じゃがいもやダル(豆)と一緒に調理することもあるみたいです。

レシピを調べていると、オリーブオイルを使うものが多かったので、インドでも西洋のハーブっていうイメージなのかな?
それとも、単純にディルとオリーブオイルは相性がいいのかな??

ソヤサグアルーの材料

ディル&じゃがいもサブジの材料

    1人分 100円 20分

  • じゃがいも 2個
  • ディル 適量
  • 青唐辛子 1個
  • ヒング(無くても可) 少々
  • クミンシード 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2

【パウダースパイス】

  • ターメリック 小さじ1/2
  • レッドチリ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2

※本当はディルはもっとたっぷりあった方が美味しいと思います。加熱で香りが飛ぶし、この倍の量でもいいと思います。

sponsored link

ソヤサグアルーの作り方


【1】じゃがいもを茹でる
じゃがいもは皮ごと10分くらい茹でてから、皮をむきます。(スルスルッとむけます)

材料を切る
【2】材料を切る
茹でたじゃがいも、青唐辛子、ディルを切ります。
ディルの茎の部分は、特に細かく切ります。

クミンシードを炒める
【3】オイルにスパイスの香りを移す
鍋にオリーブオイルを入れて熱して、クミンシードを炒めます。

ヒングを入れる
【4】ヒングを入れる
クミンシードがパチパチと音を立ててきたら、ヒングを少量入れて炒めます。(ヒングがなければ、ここは飛ばす)

じゃがいもを炒める
【5】じゃがいもを炒める
スパイスの香ばしい香りがしてきたら、じゃがいもを入れて油をよく絡めながら炒めます。

スパイスを入れる
【6】パウダースパイスを入れる
パウダースパイス(ターメリック、レッドチリ、塩)を入れて、良く混ぜます。

ディルを入れる
【7】ディルを入れる
火を止めてから、刻んだディルを入れて全体を混ぜたら完成です。

じゃがいもディル炒め

普通のじゃがいもサブジにディルを追加しただけなんだけど、ディルの香りが爽やかでとっても美味しいです。
ディルって癖が強いかな〜と思ったけど、足りないくらいでした。

ソヤサグアルーレシピ

いや~使い道が無くて放置していたディルだったけど、おいしく処理できて良かった~

soya sag aloo

チャパティーに挟んで食べてみました。
これは、業務スーパーで買ったマレーシア製の冷凍チャパティーです。
インドで食べるチャパティーよりもふんわりとしていて食べやすいです。(マーガリンなどの添加物のおかげと思われる)
前に食べた業務スーパーのトルティーヤの方がチャパティーっぽいです。
バターチキンの基本レシピに移ってるのがトルティーヤです。

ディルとは

ディル栽培

ディルはセリ科のハーブ。
主に魚料理やピクルスに使われることが多いハーブです。
消化促進効果や鎮静作用があると言われています。

インドでは、ディルの事をSOYA SAGと言うみたいですが(ヒンディー語?)、そもそも地域によって呼び方はバラバラみたいです。
(てっきり、SOYAって大豆の事だと思ってたんだけど)

フェンネルやキャラウェイと似ているので、混同されることが多いらしいのです。
もしかしたら、このレシピも本当はディルじゃなくて、キャラウェイとかなんじゃないかという疑惑もあります。

ディルに付いたアブラムシ

ディルに付いたアブラムシを取る

実は、収穫したディルにはアブラムシがくっついていたのでボールに水を入れて、バシャバシャバシャっと洗いました。
そしたら、かなりの量のアブラムシが浮いてきた。

でも、完全には取り切れていなかったので、ぬるま湯に酢を入れて、再度バシャバシャバシャっと洗ったら、ほとんどのアブラムシが浮かんできました。

数匹のアブラムシは食べることになるだろうけど、アブラムシは食べても問題ないらしいです。
むしろ、たんぱく質が豊富なので、食べた方がイイといううわさも。