コンナムルクッパ

アンニョンハシムニカ。

ここんとこ、韓国料理ばっかですが、美味しいので許して下さい。
コンナムル(豆もやし)クッパを作ります。

コンナムルクッパの材料

コンナムルクッパの材料
1人分 wallet2 20分 time2 200円

  • 豆もやし 50g
  • 炊いたご飯 茶碗1杯
  • 卵 1個
  • 玉ねぎ 1/6個(薄切り)
  • 長ネギ 10センチ程度(薄切り)
  • ニンニク 1片(みじん切り)
  • セウジョッ(アミエビの塩辛) 小さじ1
  • 唐辛子 各1本(輪切り)
  • こしょう 少々

辛いのが苦手なら、唐辛子は無くてもOK。

つけダレの材料

  • ニンニク(みじん切り) 1/2片
  • ネギ(みじん切り) 少々
  • コチュカル 少量
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま 小さじ1

sponsored link

コンナムルクッパの作り方

豆もやしの尻尾をカット
【1】豆もやしの尻尾をカット
豆もやしの尻尾の部分を、手でカットしていく。(面倒ならそのままでもOK)

出汁を取る
【2】出汁を取る
最初に昆布とカタクチイワシで出汁を取っておきます。
(日本で売られている煮干しは、だいたいがカタクチイワシです)


【3】豆もやしを煮る
鍋にだし汁と豆もやしを入れて、火をつけてフタをする。


【4】その他の野菜を入れる
火が通ってきたら、唐辛子・ネギ・玉ねぎ・コショウ(少々)・ニンンクをいれます。


【5】セウジョッを入れる
セウジョッを入れて、しばらく煮込みます。
これが味のポイントになりますが、入れ過ぎるとしょっぱいので味を見ながら少しずつ入れます。


【6】つけダレを作る
煮ている間に、つけダレの材料を全て混ぜて、タレを作っておきます。


【7】トゥッペギ(土鍋)に移す
炊いたご飯を入れたトゥッペギに、【5】を入れて加熱します。
(トゥッペギが無ければ、そのままの鍋にご飯を入れます。)


【8】卵を入れる
沸騰し始めたら、鍋の真ん中に卵を割って、フタをします。
卵に半分くらい火が通ったら完成です。

コンナムルクッパ

しっかりと出汁を取っているし、セウジョッも効いているので、あっさりだけどしっかりと味がついています。
それでも、味が薄いなと思ったら、タレにつけて(又はかけて)食べます。

コンナムルクッパのレシピ

韓国料理にしては、あまり辛く無くてやさしい味なので、二日酔いの日にもオススメです。

ちなみに、私は幼い頃に、初めて行った焼肉屋で、クッパの不思議な味にハマってしまい、焼肉屋の前を通ると「クッパークッパー」と繰り返し叫ぶようになったそうです。
我ながら可愛いです。

韓国土鍋で作る料理

コンナムルクッパに限らず、チゲ類はトゥッペギ(韓国土鍋)で作るのが1番楽だし、韓国っぽい雰囲気が出ます。
最後まで熱々を食べられるのもイイ。

トゥッペギは非常に熱くなるので、扱う時は必ずヤットコを使って下さい。