カンテンジャン

생야채비빔밥&강된장(センヤチェビビンバ&カンテンジャン)生野菜ビビンバ&カンテンジャン

ビビンバと言えば、上にナムルが乗っている石焼ビビンバが有名ですが、今回のはかなりシンプルです。
麦ご飯に、濃い味噌と生野菜を混ぜて食べる料理です。(ビビンバ=混ぜご飯と言う意味)

カンテンジャンというのは、前に作ったスープタイプのテンジャンチゲとは違って、ドロッとした濃い味噌です。
野菜や肉につけて食べても美味しいし、ご飯に乗せて食べても美味しい「おかず味噌」って感じです。

1人前 45分 300円

麦ご飯と生野菜の材料&下準備

生野菜と麦ご飯ビビンバの材料

  • 押麦
  • 白米
  • 生野菜

生野菜は、「サンチュ・エゴマの葉・春菊・大根の若葉」と書かれていますが、手に入る好きな野菜でOKです。
「シソの葉・水菜・サニーレタス・かいわれ・からし菜」あたりなら、クセも無いし手に入りやすいかな?

押麦を水につける
①米と麦の割合は「2:1」。麦は米に比べて水を吸いにくいので、30分くらい浸けておくと良い。炊く時の水も少し多めにして炊く。
(麦だけご飯にする場合は、同じく30分水に浸けてから、炊くときの水の量を白米の2倍にします。)

生野菜を切る
②生野菜は食べやすい大きさに切っておく。

③炊けた麦ご飯に、切った生野菜を盛りつけて出来上がり。

sponsored link

カンテンジャンの材料

カンテンジャンの材料

  • 豆腐 1/2丁
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 椎茸 2個
  • ズッキーニ 1/3個
  • ネギ 10センチ
  • 青唐辛子 1個
  • にんにく 1片(みじん切り)
  • しょうが 1片(みじん切り)
  • テンジャン 大さじ2
  • コチュジャン 大さじ1/2
  • だし汁 1カップ(煮干し)

カンテンジャンの作り方


①材料をすべて同じくらいのサイズに切る。


②だし汁にテンジャン(大さじ2)と、コチュジャン(大さじ1/2)を溶き入れる。


③切った野菜を入れてじっくりと煮込む。汁がブクブクしてきて野菜が柔らかくなってくるまで煮込み続けます。


④汁がドロッとしてきたら、刻んだ青唐辛子を入れます。(辛いので唐辛子の種は取っておく)

麦ご飯&生野菜にカンテンジャンかけて、グッチャグッチャに混ぜて食べます。
しょっぱいかと思ったけど、以外とそうでもない。


旨味がギュッと詰まっていて美味しいので、野菜スティックをつけて食べても美味しそう。
生野菜でカサ増しして、この味噌つけてダイエットというのもイイ。

いや、ウソ。
やっぱ、たっぷりの白飯にこの味噌つけて米バカ食いしたい。

参考にしたレシピ本

「ハンシクパンチャン&シンニムサン」という韓国料理本のレシピを参考にアレンジしました。
使う味噌の量が多いので、塩分がかなり多く入っている料理です。
なので一気に食べずに、余った分は冷蔵庫で保存しておくと良いでしょう。(塩分が高いので保存がきくよ☆)

テンジャン(韓国味噌)にコチュジャンを合わせて煮詰めるのがポイントで、少しだけ甘い風味に仕上げるにはコチュジャンが必須です。