ベトナムコーヒーの入れ方

ベトナムコーヒーに生のミントを入れて飲むのがお気に入りです。
これが、とっても合うんだなぁ〜

ベトナムコーヒーの入れ方

ベトナムコーヒーとトド江

ベトナムコーヒーを作るには、まず専用のドリッパーと、コーヒー豆を用意します。

sponsored link

ドリッパーと珈琲豆

ベトナムコーヒーフィルター

ベトナムコーヒー専用のドリッパーはアルミとステンレスの物があるみたいです。
たまにしか飲まないからアルミでも良かったんだけど、熱湯を使う物はやっぱりステンレスかなーということで、私はステンレスを購入しました。

ベトナムコーヒーに使うコーヒー豆は、ベトナム産のロブスタ種が最適です。
普通コーヒーといえばアラビカ種ですが、アジアで栽培されているコーヒー豆はロブスタ種が多いのです。

ロブスタ種は苦味が強いんだけど、練乳と合わせるととても美味しいです。
本場ベトナムコーヒーの味を楽しみたいなら、ベトナム産のロブスタ種がおすすめです。

ベトナムコーヒーの入れ方

ベトナムコーヒーフィルター

用意する物は、「ベトナムコーヒー用のドリッパー」「珈琲豆」「コンデンスミルク」です。

入れ物はベトナムコーヒー用の小さなカップがあれば、それを使います。
私はチャイ用のグラスを使いました。

コンデンスミルクを入れる
【1】練乳を入れる
まず、グラスにコンデンスミルクを30ml入れます。
結構な量なので、私はちょっとだけ控えめに入れています。

ベトナムコーヒーフィルターをセット
【2】フィルターをセットする
コーヒーフィルター(ドリッパー)をセットします。
グラスの上に皿を置いて、その上にフィルターを置きます。

ベトナムコーヒー豆を入れる
【3】珈琲豆を入れる
10gのコーヒー豆をフィルターに入れます。(細挽きが良い)

お湯を注ぐ
【4】フタを閉めて湯をそそぐ
中蓋を閉めて、その上から熱湯を少しだけ注ぎます。

蒸らす
【5】蒸らす
そのまま30秒くらい蒸らします。

一気にお湯を注ぐ
【6】一気にお湯を注ぐ
一気にお湯を注ぎます。
グラスが小さいのでお湯を入れすぎない様に注意!!

ベトナムコーヒーの入れ方
【7】これで完成
一気に注いだので、あっという間に完成しました。
コンデンスミルクとコーヒーが2層になっていて、見た目がとってもキレイです。

生ミントを入れると美味しい

ベトナムコーヒーwithミント

生のミントがあれば入れてみて下さい!!
甘〜いベトナムコーヒーが、スッキリとした味になります。

ベトナムコーヒーとミント

ミントとミルクコーヒーの相性は抜群です。
良く混ぜてから飲んでください。

ベトナム旅行に行った時に飲んだベトナムコーヒーの味は・・甘すぎて飲みきれない!!ってくらい甘かった記憶しかありません。
かなり大胆に練乳を入れて飲むので、最初は苦手だったんだけど、慣れると美味しいもんです。