薬膳スープ

乾燥のナツメとクコが余っていたので、鶏肉と一緒に煮込んで薬膳スープにしてみました。

鶏肉とハヤトウリの薬膳スープレシピ

ハヤトウリを一緒に入れたけど、冬瓜とか白瓜とか大根に代えてもよさそう。

sponsored link

材料

鶏肉とハヤトウリの薬膳スープの材料
2人分

  • 鶏肉(手羽元) 4本
  • ハヤトウリ(小) 2個
  • 栗 2個
  • ナツメ 4個
  • クコの実 大さじ1
  • しょうが 2片
  • こしょう(ホール) 小さじ1
  • 紹興酒 大さじ1
  • 塩 適量
  • 水 500ml

鶏肉は1本足りなかったので3本で作りました。

作り方

切る
【1】材料を切る
こんな感じのサイズで材料を切ります。

アク抜き
【2】ハヤトウリのアクを抜く
ハヤトウリは、10分くらい塩水に浸けておきます。

煮込む
【3】煮込む
鍋にすべての材料を入れて沸騰させて、その後は弱火で30分以上煮込みます。
途中でアクが出てくるので、取って下さい。

味付け
【4】仕上げ
40分くらい煮込みました。
最後に塩で味を整えて完成。

ごま油を少量入れても美味しいかも。

鶏肉とハヤトウリの薬膳スープ

思ったよりも茶色いスープになったなあ。
ナツメとクコから色が出たのかな?

ちょっと漢方っぽい味だけど、ナツメ&クコからしっかりと甘味が出てて美味しい。
鶏肉もうまいです。

鶏肉とハヤトウリの薬膳スープ

ナツメとクコは煮込んでいるうちに栄養分がスープに流れ出ているし、味もあんまりないので食べなくても良いと思う。
(特にクコは無味になる。)
いや、もしかしたら食べない方がいいかもしれない。
韓国では「サムゲタンに入っているナツメ等は、鶏の悪い成分を吸っているから食べない方が良い」って言う人が何人かいたんです。
このスープも鶏肉を一緒に煮込んでいるから、もしかしたら悪い成分を吸っているかもしれない。


でも、そもそも鶏の悪い成分ってなんだ?

ナツメとクコ

クコとナツメ

以前に作った「美肌になる中国茶」で使ったナツメとクコ。
この二つは、クセも無く甘味もあって、薬膳系が苦手な人でも美味しく食べられる漢方です。

良く煮込んだ鶏肉からはコラーゲンが出るので、さらに美肌効果が!
と言いたい所だけど、コラーゲンは体の中に入ると分解されてアミノ酸になっちゃうから意味がないという説もある。
でも、コラーゲン系のスープを食べた翌日って肌がプリプリするんですよね。
プラシーボ効果なのかもしれないけど。

そんな感じでコラーゲンの効果は分かりませんが、ナツメとクコだけでも美肌効果は、かなり高いです。
1回や2回食べただけでは分からないかもしれないけど、ナツメとクコのお茶を数ヶ月飲み続けていた頃は肌のハリが良かったです。

あと、美肌を目指すなら体を暖めることは基本なので、温め効果のある生姜は必須です。
今回は2片しか入れなかったけど、生姜好きならもっともっと追加してください。
(必ず加熱してね。)

sponsored link