カリーガー(ベトナムカレー)レシピ

東南アジア各国の「鶏肉とイモ」を使ったカレー第二弾は、ベトナムカレーです└|∵|┐

カリーガー(cari ga)は、チキンカレーという意味です。
ベトナムカレーは、他の国とは違いジャガイモでは無くサツマイモを使うのが最大の特徴です。

カリーガーの材料

ベトナムカレー材料
2人分 450円 60分

  • 鶏肉 200g
  • サツマイモ 200g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • レモングラス(茎の部分) 1本
  • ニンニク 2片
  • しょうが 1片
  • 唐辛子 1本
  • ココナッツミルク 200ml
  • ニュクマム(又はナンプラー) 適量
  • 塩こしょう 適量
  • ベトナムのカレー粉 大さじ1
  • ミントの葉(トッピングなのでお好みで) 適量

レモングラスは、庭で育てている物を使ってます。
まだ1年目で茎が細いので、葉っぱの部分も使う事にしました。

sponsored link

カリーガーの作り方

すり鉢
【1】薬味をすりつぶす
にんにく、しょうが、唐辛子、レモングラス(茎)、玉ねぎ(1/4個)をすり鉢などでつぶす。(みじん切りするだけでも可)
(玉ねぎは半分残しておいて、薄切りにしてサツマイモと一緒に煮込む。)

肉を浸ける
【2】肉を浸ける
とり肉に塩こしょうをふってから、カレー粉(小さじ2)と【1】の薬味を揉み込んで、30分置きます。

サツマイモを焼く
【3】サツマイモを焼く
1センチくらいの厚さに切ったサツマイモを、オーブンで10分間焼きます。
焼いておくと甘味も増すし、荷崩れしにくくなります♪
(本場のベトナムカレーでは、油で揚げます。)

鶏肉を炒める
【4】鶏肉を炒める
フライパンに油をひいて、鶏肉をしっかりと焼き目がつくまで炒めます。

煮込む
【5】煮込む
ココナッツミルク(200ml)に水(200ml)を足して、材料(鶏肉、サツマイモ、玉ねぎ)をすべて入れて、沸騰させます。
沸騰したら、カレー粉(小さじ1)を足して良く混ぜ、弱火にして15分程度煮込みます。

ナンプラーで味付け
【6】ニュクマムで仕上げる
最後に、ニュクマムで味を整えたら完成です。

鶏肉とサツマイモのベトナムカレーレシピ

鶏肉にも味がしっかりとついていて美味しいです。
サツマイモも最初に焼いたおかげか、甘くて美味しい!!

ベトナムカレーの作り方

ベトナムのカレー粉は、私は好きな味なんだけど、八角の独特な風味があるので苦手な人は苦手かもしれないですね。
さつまいもも好き嫌いが別れそう...

ベトナムカレー

ビアンコカレー粉

ベトナムカレーは、このインド人をイメージした様な怪しいイラストが描かれているビアンコ社のカレー粉を使います。
日本のカレールーとは違って、出汁などが入っているわけではなくミックススパイスといった感じです。

ベトナムカレー粉

原材料は、ターメリック、唐辛子、八角、フェンネル、クミン、クローブ、シナモン、グリーンカルダモン、ベイリーフ、コリアンダーシード、にんにく、ブラックカルダモン、こしょう、山椒、ナツメグ、アナトー色素です。
ガラムマサラに入っているスパイスが多いですが、八角が入っているのが特徴ですね。

パッケージ裏にもベトナム風チキンカレーの作り方が載っていますが・・・これは、日本風にアレンジされた作り方の様です。
これはこれで作りやすそうだけど、今回はベトナム流の作り方で作りました。

もしもベトナムのカレー粉が手に入らない場合は、ターメリックとガラムマサラと八角(スターアニス)を入れれば近い感じになるんじゃないかと思われます。(すべてエスビーとかで揃えられます。)

そしてベトナムカレーと言えば、サツマイモ!!鶏肉とサツマイモを合わせるのが特徴です。
ココナッツミルクにサツマイモの甘さが合わさって、ちょっと甘味のあるカレーになりました。