豚肉ジャンジョリムのレシピ

テジコギ ジャンジョリム(돼지고기 장조림)豚肉の醤油煮込み

私の好物でもある、豚肉のジャンジョリムを作ります。
ジャンジョリムというのは、日本で言う所の醤油煮込みです。
けっこう濃い味付けに仕上げるので、少量で白飯がモリモリ食べられる煮物です。

※豚肉以外(牛肉や鶏肉)でも同じ様に作れるので、肉はお好みで変えて下さい。

豚肉ジャンジョリム材料

ジャンジョリム材料
2人分 60分〜  500円

  • 豚肉(ロースが良い) 200g
  • うずら 1パック(10個)
  • ししとう 10本
  • にんびく 5片
  • 鷹の爪 2本
  • 長ネギ 10センチ程度(青い部分が良い)
  • しょうが 1片
  • こしょう(ホール) 10粒くらい
  • 醤油 1/2カップ
  • 砂糖 小さじ1
  • 料理酒 大さじ2

sponsored link

レシピ

豚肉の血抜き
【1】豚肉を水に浸ける
※牛の塊肉を使う場合は必須の工程ですが、豚肉は場合によります。鶏肉の場合は不要。

ボールに水を入れて、脂身を取った豚肉を30分間浸けて血抜きします。

この間に、うずらを茹でて殻をむいておきます。
うずらの殻むきは面倒なので、うずらの水煮を使ってもOKです。

(参考記事 >>> 簡単 うずらの卵のきれいなむき方 by さはまる [クックパッド]

豚肉の下ゆで
【2】豚肉を下茹でする
鍋に、しょうが・酒(大さじ1)・こしょうを入れて沸騰させてから、豚肉を下ゆでする。
だいたい3分くらいしたら、お湯を捨てる。


【3】豚肉を茹でる
新しく、鍋に水(2カップ)長ネギ、にんにく、唐辛子と、先ほどの生姜と胡椒も入れて湯を沸かします。(煮込むので土鍋に移すと便利です)
沸騰したら豚肉を入れて20分間煮込みます。

豚肉を煮る
【4】豚肉を切る
豚肉を取り出し、冷めたら(水で冷ましても良い)手で裂く様にして肉を小さく切ります。
しょうがやネギ等はここで捨てますが、茹で汁は取っておきます。

ジャンジョリムの煮汁
【5】煮汁を作る
豚肉の茹で汁(1カップ程度)に、醤油(1/2カップ)、砂糖(小さじ1)、酒(大さじ1)を入れて沸騰させる。

煮込む
【6】煮込む
裂いた豚肉を煮汁に入れて、弱火で30分くらい煮込みます。(水分が減ってしまったら、水を加えながら煮ます。)
うずらをししとうを入れてさらに弱火で10分くらい煮込で、ししとうが柔らかくなったら完成です。

※時間に余裕があれば、もっと長く豚肉を煮込んで充分に柔らかく仕上げるのも良いですね。

韓国風豚肉の醤油煮込みレシピ

しっかりと濃いめ味付けの醤油煮が出来ました。2人前って書いたけど、ご飯4膳くらいはいけると思います。
煮込んでるうちにニンニクは、ほとんど溶けちゃいました。

ジャンジョリムのレシピ

ししとうは煮込み過ぎるとフニャフニャで味もよく分からなくなってしまうので、最後に入れてちょっと煮るくらいが良いようです。

▼豚肉のジャンジョリム丼
韓国風豚肉の煮物どんぶり

ご飯に乗せてどんぶり風にしてみましたが、ご飯のバランスを間違えましたw米が足りない・・
どんぶりにする時は、見栄えが悪いけど、この半分〜1/3くらいの肉の量で充分です。
きゅうりと一緒に食べるとサッパリします。

ジャンジョリムは醤油をたっぷりと使った煮物なので、けっこう保存できます。

鶏肉バージョン

鶏肉ジャンジョリム

タッコギジャンジョリム

私は鶏のささみ肉でもよくジャンジョリムを作ります。
血抜きの必要もないので、豚肉や牛肉よりも簡単です。

安いし、ヘルシー(?)なので、鶏のささみもなかなかオススメですよ。
弁当のおかずにも→韓国風弁当(タッコギジャンジョリム)レシピ

ジャンジョリム一切れで一膳いける

私は韓国に滞在している時は、ハスクチブ(下宿)という食事付きの寮みたいな所に住んでいました。
そこでの食事は、基本的にキムチやナムルや韓国海苔・・で、めったに肉料理なんて出て来ないんだけど、たまに出て来る肉料理の中でも出現頻度が高かったのが豚肉のジャンジョリムです。
牛肉のジャンジョリムの方が一般的なんだけど、私のいたハスクでは100%豚肉でした。おそらく、安いからw

ジャンジョリムの出現頻度が高かった理由は、少量でもご飯がすすむからなんじゃないかと思います。
「わ〜い肉だぁ〜」って思わせる事も出来るし、少量でも満足させられるという大変お得なおかずなのです。