きゅうりアチャールのレシピ

以前に作った大根アチャール(ムラコアチャール)は、1週間くらい置いて発酵させるピクルスでした。
今回のは、キュウリを使った発酵無しバージョンのアチャールなので、作ってすぐに食べられます。

きゅうりアチャールの材料


4人分 100円 60分

  • きゅうり 1本
  • 塩 小さじ1/2
  • 油 大さじ1
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • レモン 1/3個
  • 炒りごま 小さじ1
  • チリパウダー 小さじ1
  • ターメリックパウダー 小さじ1
  • フェヌグリークシード 小さじ1/2
  • マスタードシード 小さじ1/2

sponsored link

きゅうりアチャールの作り方


【1】きゅうりを切る
キュウリは、1センチ角くらいにカットする


【2】きゅうりを塩揉みする
きゅうりに塩を揉み込んで、30〜60分間おく。


【3】ホールスパイスを煎る
フライパンでホールスパイス(フェヌグリーク、マスタード)を乾煎りする


【4】ホールスパイスを砕く
煎ったスパイスをすり鉢などで、細かく砕いておく。
炒りごまも同じ様に、砕いておく。


【5】ターメリックを油で加熱する
フライパンに油をひいて、みじん切りにしたにんにく&生姜を炒める。
にんにくの香りがしてきたら、ターメリックとチリパウダーを入れて、焦げないように気をつけながら加熱します。

※ターメリックはそのままだと苦いので、必ず火に通す。


【6】混ぜる
良く水を切ったきゅうりをボールに入れて、砕いたスパイス類と、【5】で作ったオイルをかけて、良く混ぜ合わせる。


【7】レモンを絞る
最後にレモンを絞って、酸味をつけたら完成です。

あ〜これ、凄く食べやすいです。
キュウリって味が染み込みやすいから、スパイス類を軽く和えるだけで美味しくなりますね。

このアチャールは発酵させていないし、キュウリは水分が多いので、早めに食べきっちゃった方がいいと思います。

カクロコアチャール

「kakro ko achar」は、カクロコアチャールでいいのだろうか?
「ko」が「の」で、「achar」が「漬物」の事だから、「kakro」はキュウリの意味かな。

前回の発酵アチャールに比べると、凄く食べやすいです。
炒りごまパウダーをたっぷり振りかけるのが、ポイントですね。
これが、かなり香ばしくて美味しい。