オムクポックムのレシピ

オムクポックム(어묵 볶음)又は、オデンポックム(오뎅 볶음)とも呼ばれていて、作り方はとっても簡単な炒め物です。
家庭料理や安食堂の定番おかずなので、下宿に住んでいた頃は良くお目にかかりました。

オムク(韓国おでん)

このレシピではオムクを使います。
オムクは韓国版のさつま揚げのようなもので、油揚げくらいの大きさをしています。
韓国食材店や通販で買う事は出来ます。(冷凍保存も出来ます。)

しかし、せっかく安くて簡単に作れる庶民的な料理なのに、わざわざ通販で買うのもなぁ・・・
という場合は、日本のさつま揚げを薄く切って代用することも可能です。

sponsored link

オムクボックム材料

オムクポックムの材料
3〜4人分 350円 15分

  • オムク(さつま揚げで代用可) 200g
  • 玉ねぎ(中) 1/4個
  • ニンジン 1/4本
  • ニンニク 1片
  • 唐辛子 1〜2本
  • コチュカル(粉唐辛子) 大さじ1
  • 水あめ 小さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 白ごま 適量
  • ごま油 適量

※コチュカル、水あめ、しょうゆは、あらかじめ混ぜてタレを作っておきます。

オムクポックム作り方

材料を切る
【1】材料を切る
さつま揚げはひとくち大に四角く切る。
ニンニクは粗みじん切り、玉ねぎは薄切り、ニンジンは千切り、唐辛子は輪切りに切る。(・・・切り方の名前合ってるかな?)

ニンニクを炒める
【2】ニンニクを炒める
フライパンに、ごま油をひいてニンニクを炒めます。

野菜を炒める
【3】野菜を炒める
ニンニクの香りがしてきたら、野菜を炒めます。

タレを加える
【4】タレを加える
野菜がしんなりしてきたら、あらかじめ用意しておいたタレを加えて、全体をよく混ぜながら炒めます。

オムク炒め
【5】オムクを炒める
オムクをいれて、タレを絡めながら炒めます。
最後に白ごまを振りかけたら完成です。

韓国おでん炒めレシピ

凄く簡単に作れる一品です。

日本の調味料を使っても、この味は韓国の味ですね。
とても懐かしい・・・下宿で、しょっちゅう食べた味だなぁ。

オデンポックムのレシピ

オムクポックムにキムチと韓国海苔があれば文句無しです!!

日本のさつま揚げで作ってみた

オムクをさつま揚げで代用して、同じ分量&作り方で作ってみました。
こっちも同じ様に美味しいです。

韓国おでん

韓国の屋台のおでん
釜山の屋台のおでん。おでんが見えないけど・・・

オムクは魚のすり身を繋げた練り物の事で、韓国語では「かまぼこ」の意味なんだけどかまぼこって言うよりもやっぱり、さつま揚げに近いです。(日本のさつま揚げの方がちょっと甘い)

そして「韓国おでん」と呼ばれる物には、このオムクが使われています。
日本のおでんみたいに色々な具があるわけではなく、韓国おでんは基本的に、このオムクを串刺しにしたものだけです。
これを日本のおでんと同様に出汁に入れて煮込みます。

韓国おでんは、屋台で良くみかけるストリートフードです。
だいたい1本100円くらいで、だし汁と一緒に食べます。
今回作ったオムクポックムは、この韓国おでんに使われるオムクを炒めた料理なので、「オデンポックム」と呼ばれる事もあります。