ガパオライスのレシピ

ガパオライスと言えば、通常はガパオ(ホーリーバジル)を使います。

しかし、庭のホーラパー(タイバジル)が大繁殖中なので、ホーラパーを使ってガパオライスもどきを作ることにします。
もちろん、ホーラパーをガパオに変えればガパオライスだし、両方とも手に入らない場合はスイートバジルで代用しても大丈夫でしょう。
(タイのバジルについて...詳しくは下の方に書きました。)

sponsored link

ガパオライスもどき材料

タイバジルと鶏肉のスパイシー炒め材料
2人分 30分 300円

  • ホーラパー(タイバジル) カップ1杯
  • 鶏ひき肉 200g
  • サラダ油 大さじ1
  • 玉ねぎ(中) 1/4個
  • ニンニク 2〜3片
  • 唐辛子(赤・青) 各1本※量はお好みで
  • 紫玉ねぎ(中)  1/4個
  • 卵 2個
  • ご飯 2膳

調味料

  • ナンプラー 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • パームシュガー 小さじ1(なければ普通の砂糖でOK)

※本当は紫玉ネギではなくホーム・デーンと呼ばれるタイ産のエシャロットを使いたいんだけど、無かったので紫玉ねぎで代用。
紫玉ねぎも無ければ、普通の茶色のでもOKです。

※生唐辛子が無い場合は、お湯に浸けて戻します。
鷹の爪をお湯で戻す

ガパオライスもどきのレシピ


【1】目玉焼きを作る
たっぷりの油で揚げる様にして、目玉焼きを作っておきます。

材料を切る
【2】材料を切る
玉ねぎ、にんにく、唐辛子は細かく切って、一つにまとめておく。
紫玉ねぎは、薄切りにする。
ホーラパー(タイバジル)は、茎を取っておく。

にんにく・唐辛子・玉ねぎを炒める
【3】玉ねぎを炒める
油を引いて、玉ねぎ・にんにく・唐辛子を約5分間炒める。

鶏肉を炒める
【4】鶏肉を炒める
鶏ひき肉を炒める。
肉に火が通ったら、調味料(ナンプラー、しょうゆ、パームシュガー)を入れて全体に絡ませる。

紫玉ねぎを炒める
【5】紫玉ねぎを炒める
紫玉ねぎを軽く炒めます。
辛味が残った方が美味しいので、軽く火を通すくらいでOK。

タイバジルを炒める
【6】ホーラパー(タイバジル)を炒める
ホーラパー(タイバジル)を入れて、軽く火を通したら完成です。

ホーラパーとひき肉炒めご飯レシピ

最後に、ナンプラーをひとふりすると香りが広がって、より美味しいです。

ガパオもどきのレシピ

ホーラパー(タイバジル)の良い香りがしますが、そんなに癖は無いです。
唐辛子3本入れたけど、もっとたくさん入れて汗ダラダラで食べるのもイイかもなぁ〜

ガパオとホーラパーの違い

ホラパー栽培

タイ料理と言えば、ガパオライスが有名ですが今回使ったのは、ホーラパーです。

ガパオもホーラパーも、両方ともタイで食べられているのバジルの事です。
両方ともバジルなんだけど、種類が違います。

英語では、
ガパオ=ホーリーバジル
ホーラパー=タイバジル

と言います。

ちょうど、両方とも庭で栽培中なんだけど、ホーリーバジル(ガパオ)は中々ちゃんと育ってくれないのに、タイバジル(ホーラパー)はグングン成長していて大繁殖中です。

▼タイバジルは、栽培が簡単なのでオススメ

今回のレシピでは、タイバジル(ホーラパー)を使いましたが、そのままホーリーバジル(ガパオ)に代えればガパオライスになります。
両方とも無い場合は...普通のイタリアンバジルでもOKです。
風味は変わるけど、バジルはバジルなので。

本物のガパオライスバージョン

ガパオライス

こちらはガパオを使って作った物なので、正真正銘のガパオライスです。
食べ比べてみると、香りの種類が違うのがハッキリとわかります!!
ホーラパー(タイバジル)の方が強い香りなんだけど、ガパオ(ホーリーバジル)の方がクセがある。
これはもう、好みによると思うんだけど、私はホーラパーの方が好きです。

ちなみに、ガパオライスは日本での呼び方で、直訳するとバジルご飯ですね。
タイでは、パットガパオ(ガパオ炒め)と言うそうです。
鶏肉を使った物は、パット・ガパオ・ガイです。
ガパオでは無くホーラパーを使った物は、パット・ホーラパー・ガイになると思うんですけど、タイ語はほとんど分からないので間違っているかもしれませんw